宗教と立地条件が大切な霊園選び

霊園の中には仏教ならどの宗派でも構わないという墓地も最近では多くあります。
しかし仏教以外の宗教や仏教系でも新宗教では購入することが出来ないといったケースもあるので、よく確認をしておいてください。

 

やはりお墓参りに行きやすい霊園が一番と考えている人が多いのではないでしょうか?
自宅のすぐ近くに霊園を求めることが出来なかったとしましても、交通の便が良ければ案外時間をかけることなくお墓参りをすることが出来る場合もあります。霊園選びにおきまして大切となる宗旨や宗派の条件というのは霊園や墓地によりいろいろと指定されています。
このことから自分の宗旨や宗派、そして今後どうしていきたいのかなどを予め考えておく必要があるのです。 もしも早い段階で霊園の権利を持っておきたいと考えているのでしたら、とにかく霊園の担当者としっかりと話すことです。
霊園には様々な規約が決められていますので、規約を理解して納得した上で契約をするようにしてください。

データベース サーバーならおまかせ
http://cloudpack.jp/service/plan/database.html



宗教と立地条件が大切な霊園選びブログ:21-04-15

ボク達夫婦は結婚して二年になりますが、
最近、夫婦として成長したな〜と思っています。

一昨日、嫁とケンカをしました。
お出かけ先に向かう車の中で
言い争いとも言えないくらい些細なやり取りから
お互いの怒りに火がついてしまい、
一気に車内は険悪なムードに…

一泊ふつかでのお出かけだったので、
「このままふつかも過ごすのか」
と最悪な状況を想像していたのですが…

結果的には、
お出かけ先に到着するまでの三十分足らずで仲直りをすることができ、
車を降りてからは
仲良く楽しいふつか間を過ごす事ができました。

お互いの積極的な歩み寄りがあったから、
短時間で仲直りをする事が出来たんだと思います。

そのお互いの歩み寄りの姿勢と意欲と決意と表現というのが、
この二年間でボク達夫婦で築き上げたものであり、
成長の証であると感じたと同時に、
嫁と結婚して本当に良かったと強く感じました。

ボクも嫁も怒りの表現がヘタで、怒ると引きこもるタイプなので
付き合い始めた頃や結婚した当初は、
お互いに怒る事ができなくて、不満があってもひたすら我慢という感じでした。

最近になって
ようやくお互いに少しずつ言いたい事を言えるようになり、
何で怒っているのか?何が嫌なのか?どうして欲しかったのか?…ということが
ケンカをしながらわかるようになりました。

その日も、嫁はめちゃくちゃ怒ってきつい口調でしたが、
ボクの心に届いたのは怒りではありませんでした。

ボクは嫁に愛されてるなーというのを一杯感じて、
それがうれしかった…

そんな嫁の想いを見ようとしないで
自分の事しか見てなかったボクはすごく情けなかったです。