永代使用権を買うのであって土地を買うのでは無い

墓地の永代使用料は安い順に並べますと公営・民営・寺院と基本的にはなっています。
とは言いましても限られている予算で墓地を欲しいという人がいた場合には、公営が良いとは決して限らないのです。

 

公営での墓地面積は大きな区画しかない場合があり、案外価格が高くなってしまうケースがあります。
その一方で、民営の場合は小さな面積でも販売されてることもありますので、公営よりも安く購入することが出来る場合もあります。お墓を建てる時によく「お墓を買う」と言うことがありますが、本当は「永代使用権を買う」ということであり、土地を所有する権利を買うというものではないのです。
ただしこれら永代使用権の内容や制度というのはそれぞれ霊園によって異なりますので、契約内容をまずは把握しておきましょう。 当然のことですが霊園というのはその土地を利用する権利を購入することになりますのである程度まとまって費用が必要です。
ローンで購入をすることも出来ますが、支払いを遅延してしまうと撤去されてしまうこともあるのでお気をつけ下さい。



永代使用権を買うのであって土地を買うのでは無いブログ:21-04-03

私には元々、
マメに連絡をするという習慣がありませんでした。

それは、
「便りのないのは良い便り」とばかりに、
何もない時には連絡をすることがなかった
実家の習慣からきているのかもしれませんし、
私自身の不精な性格からきているのかもしれません。

私は
用件がないのに
連絡をするということをしてこなかったのです。

それは私にとって長年慣れ親しんだ習慣であり、
それが当たり前で、
そのことに疑問を持つという発想すら
持ち合わせていませんでした。

それに対して、
家内はマメに連絡をするタイプです。

私にも実家の家族にも友人にも、
マメに連絡してコミュニケーションを図っています。

だから、家内の携帯は、よく鳴るんです。

すごいなぁって思うんです。
そして、うらやましいなぁって思うんです。

私の携帯はほとんど鳴らないから、
たまに電話でもかかってこようものなら、
着信音にビックリし、あわてて電話に出ようとして
誤って電話を切ってしまうくらいですから…

そんな私ですが、マメな家内に感化され、
少しずつではありますが、伝えなければならない用件がなくても
連絡をするようになってきました。

といっても、
なかなか長年のクセが抜けず、
「たまに」程度なんですけどね…

一週間ほど前、珍しく友人に連絡をすることがありました。

用事があったわけではないのですが、
「元気にしてるのかな〜?」と気になったので、
その友人に「元気にしてる?」というメールを送ったのです。

すると、友人から
「元気にしてるよ」「メールもらってうれしい」という返信がありました。

気が向いて勝手にメールしただけなのに、喜んでもらえて
私はとってもうれしかったですね。